ヘタの横好きLife

飽き性だから1つのことを深められない。ヘタなりにいろんなことをやってみる日々の記録。

4年という歳月。

こんにちは。今日で夏休みも終わり。いわゆるお盆には普通に仕事です。

 

オリンピック、まあまあ盛り上がっていますね。スポーツ好きとしては本当に楽しい期間です。年をとったのか、何を観ていても涙が出てきてしまいます。

 

それにしても、オリンピックの年になるたびに、4年って早いなあと思います。2008年の北京大会のときは、「4年後の2012年はどこで何をしているだろう」と、当時まだ流行っていたmixiに書いた記憶があります。2008年当時、まだ26歳。4年後自分がどうなっているのかが楽しみだったし、前途洋々というか(そのあとリーマンショックで洋々ではなくなった)、わからないからこそ楽しみだという気持ちでした。

 

その4年の間に、転職は既定路線だったものの、結婚するとは思っていなかったし、ずっと大阪にいるとも考えていませんでした。でも2012年のロンドン大会が終わった時には、2016年も大阪で広告つくってるやろな。と思いました。良くも悪くも、年をとって、しかも結婚していたりすると、そこまで大きく将来は変わらないのだなあと感じます。転勤族でもないし。実際、その通り大阪で広告つくってる。たぶん、2020年も大阪で広告つくってる。なんかおもんない気もするし、中小企業のサラリーマンってこんなもんなんかな。特別やりたいことや叶えたい夢もないし、平和であればいいや、とも思います。そう。毎年8月に思うのですが、エアコンの効いた涼しい部屋で、いや暑い甲子園でもいいのですが、スポーツを楽しく観ていられることがどれだけ尊いか。4年後もそうであることを願います。

 

毎年、盆に仕事しているときは暇で暇で、高校野球をラジオで聞きながら仕事していたりするのですが、今年はそんなことしていられないぐらいやることがあります。まあ、仕事があるっていうのは、しかもそれが楽しい(もちろんイラっとすることも多々)っていうのはありがたいことです。

 

まだまだ頑張れ日本、ということで、それではまた。